読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛あればこそ

宝塚愛をこじらせたヅカヲタの戯言

萌え、ときどき白目 ◆ 宝塚歌劇100周年記念大運動会

f:id:whea-t:20161013183747j:plain

「運動会」

 運動神経の欠如している私にとってこんな呪いのような言葉はありませんでした。前日にはてるてる坊主を逆さに吊るし天に向かって手を合わせる。そんな「神頼み」も天に聞き入れられず当日の朝カーテンを開けた私の目に飛び込む青い空。「諦めなさい」と言って半笑いで学校に送り出す親をどれだけ鬼と罵ったか...


まさか・・・
まさか・・・
 
 
「運」「動」「会」
 
この3文字にこんなにも萌えときめきと命の危険を感じる日が来ようとは・・・
人生、何があるかわかりませんね。


ええ、あの眉目秀麗いつもクールでかっこいいタカラジェンヌたちがそんなイメージどこ吹く風、
 
「清い?」「正しい?」「美しい?」は???なにそれ美味しいの??
 
と言わんばかりにただひたすら目の前の勝利を掻っ攫うことだけに執心している様をまじまじと見せつけてくれるその名も「宝塚歌劇100周年記念大運動会」ですよ!!!!
年功序列?」「上級生?」はああああああああああぁぁぁぁ!!?!?!くらいにはすべての競技や演目に全力を注ぐ生徒たちに「ねえ貴女たち本業はいったいなんだかわかってんの!?」くらいに嬉し涙で心のツッコミを入れながらももはや闘志むき出しに素をさらけ出すその勇姿にかえってとても清々しさを感じ真の美しさを見た気すらしました。
 
 
そんな中何事にも全力120%の我らが月組トップスターですよ。もうね、愛おしいです。つい2日前まで耳つけてふわふわヘアで湯気たてて産まれていたあのくっそかわいい妖精ちゃんが


黄色の全身タイツ!!!


ですよ!?!!?(ゼェゼェ)
 
そして頭には「神頼み」のゴールド鉢巻(キリッ)ですからね!?
しかもあの人最初全身タイツ前後ろ逆に着てますからね!!?!
私たちの萌えの詰まった重箱の隅をわざとつついてくるようなことしますからね!?
ホント身が持たねぇって話ですよ全く...(嗚咽)
 
なんだろ、小綺麗にしておとなしくしてれば怖いくらいには近寄りがたい美貌とスタイルを持った異次元の人が目の前で頭まですっぽり全身タイツかぶっていきいきとはしゃいでいる姿になんかもう萌えの真骨頂というか萌えの大気圏を軽々と超えてしまった感というか(ああ行き着くところまで行き着いてしまったんだなあ...)という自分への諦めと蔑みと労りが一気に襲ってくるような無気力感とともに椅子から崩れ落ちるしかなかった私の気持ちわかりますか!?
ねえわかりますか!!?!(涙目で見知らぬ人の肩を揺さぶりながら)
 
結果準優勝だったはずなのに優勝した星組よりもスポーツ紙各紙に大きく抜かれる黄色の全身タイツ。これを見た瞬間「ああ、私の贔屓選びはひとつも間違っていなかった」と自信が確信に変わりました。
 
 
そして愛希パイセン!!!
なんなら私貴女に一生ついていきます!!押忍!!
 
キラキラ嬉しそうにママチャリ乗り回す相手役の後ろを「まさきさんに手出したらてめーら承知しねーぞ!!!」な勢いで赤い長ランで疾走するSP愛希パイセンかっこよかったっす!!惚れたっす!!!
 
かと思えばめっちゃハニかみながらうさみみ付けてキュートにダンシングする。日本全国のオタクが匂いを嗅ぎつけて集結するんじゃないかくらいにはくっそ可愛くて萌えの塊だった...(しろめ)
貴女の振り幅も相当なもんです相手役に匹敵しますもうホントつらいっす(土下座して感謝しながら)。
 
だけど手にはいつも相手役の団扇を離さず相手役のFCグッズをどのファンよりも身につけバッグの中からはVOGUE付録の相手役様のクリアファイルを覗かせる貴女にいつもと変わらぬ姿を見て安堵しました愛希パイセン!!!!これからもまさきさんのこと末永く!よろしくお願いします!!!(見捨てないで(お願い)