愛あればこそ

宝塚愛をこじらせたヅカヲタの戯言

龍真咲サヨナラ番組 『Be HAPPY!!』

『Be HAPPY!!』

ってお題目からしてこれダイスケだいぶ癒着してません?って思ってたけどまあなんなら我々まさおファンの誰よりもまさお愛が重いダイスケだしなんだかんだ期待は裏切らない(というか毎度期待以上の成果をあげてくださるw)ので生温くスルーしたけど。ナレーションの藤野さん?特に番組の締めで過去のいろんな映像を走馬灯のように流しながら語るナレーションが素晴らしすぎてあまりにもこちら側過ぎてあれはきっとダイスケが書いたに違いない。斎藤恒芳先生の曲の歌詞は涙で文字が滲んで(とは言っていない)全部は書けずに斎藤先生にゴーストライターさせたくせにサヨナラ番組のナレーションは書く。誰からも頼まれていないのに担当者を押しのけて書く。なんかもうダイスケの愛が溢れすぎていて一言一言が真のまさおファンでないと、ずっとまさおを見てきたファンでないと出てこない言葉ばかりでわたしはテレビの前で「ダイスケ!でかした!おまえは最高だ!そのとおり!!!(注:演出家とは)」言いながらちゃぶ台ダンダンしたんですけどまあそもそもダイスケが書いたわけではないだろうし番組にダイスケが係わったのかどうかも全く根拠ないですけどね。

f:id:whea-t:20160812130014j:plain

過去の映像を振り返りながらまさきさんのインタビューを交えて進んでいく番組なんですけどね。ふと気を緩めたところにメモリアルブックの撮影風景の映像を挟み込んでくるのはあれどうにかなりませんかスカステさん(号泣して土下座)。わたしまだメモリアルブック見ていないので(買ったけど)人一倍衝撃が強すぎました。例の表紙メイクで着物を羽織った妖艶なまさきさんとか人間に究極のハイスペックを施したらこうなります的なもはや万能人型ロボットくらいにはかっこよいまさきさんとかかと思えば『SOLEIL』で癖になってしまったのかまたシーツの中ですっぴんメイクで無防備にじゃれてる受け受けしいまさきさんとか(嗚咽)。

かと思えば過去の映像でツンツン頭の無駄に頭身バランスがよい研2のルー・コディがにっこにこで棒立ちで笑ってたり、一生懸命自身の発光を押し殺して眉根を寄せてしょげ顔してる研6の天比古とか、役作りまったく必要なさそうな愛されキャラの大阪人研7の政とかが要所要所に映りこんできて腹筋崩壊しそうになったりそんな中でロミジュリからの映像は自分のまさお史とダブるので涙なくして見れなかったり、退団記者会見のまさみり部分を流してくれたりほんとけったいな90分でした。

しかし、ちゃぴについてはあっさりとし過ぎていて未だまさちゃぴ担としてはちょっと不満でしたよまさきさん(おこ)。可愛い子に意地悪しちゃういけない癖はティコティコだけにしておいて欲しいです。もうあの場面でまさきさんがちゃぴを見つめるだけでこっちの涙腺はヤラれる始末なんだよ...ってほんと往生際悪いな、自分。

まあでもまさきさんが幸せならそれでよい。大劇場千秋楽退団ご挨拶の「ほんっとうに幸せです!」の言い方があまりに飾らなさすぎてあまりに本心すぎてあまりに幸せそうだったので泣いたよ...

 

『Be HAPPY!!』まさきさんに幸あれ!!