読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛あればこそ

宝塚愛をこじらせたヅカヲタの戯言

麗人REIJIN Season2 "Festa"

『麗人REIJIN Season2 "Festa"』

f:id:whea-t:20160926131156j:plain

麗人コンサート行ってきました。9/23(金)18:30と9/24(土)12:00。

上は榛名由梨さんから下は大和悠河さんまでまあ出てくる出てくる往年のスターさんたち。

相変わらずお美しい肢体を出し惜しみせず歌いまくるタニさん(大和悠河)(※以下敬省略)とこちらはすっかり梨園の妻なしっとり系美女かしげさん(貴城けい)に平均睡眠時間3時間ゆえ起きてる間は省エネ(本人談)なずんこさん(姿月あさと)と同期でミニスカ履いて踊りまくる(満更でもない)マミさん(真琴つばさ)ノルさん(稔幸)相変わらずドデカいwネッシーさん(日向薫)に別公演から駆けつけたウタコさん(剣幸)オーラが凄いペイさん(高汐巴)にデコルテ大放出な峰さん(峰さを理)出てくるだけで客席から黄色い声があがるジュンコさん(汀夏子)と真っ赤な燕尾服着ちゃう榛名さん(榛名由梨)(下級生から一息)。ゲストではガイチさん(初風緑)とおっちょん(成瀬こうき)。ガイチさんのウタコさん愛はほんと一途で泣けたしおっちょんは10年ぶりとは思えない歌唱だったしまず一瞬どなたかわからなかったくらいお綺麗でした。

f:id:whea-t:20160926131142j:plain

そして、今回のお目当て杜けあきさん。ちょっとだけふっくらされたしすっかりおばさまですけどやっぱり素敵(贔屓目)。なんだろなー、まさきさんに抱くヨコシマな(おい)気持ちとは違って、神聖な気持ちというかいつまでも私の永遠のオトコ的な?まさきさんはほら、もはやオトコというよりは綺麗なお姉さんに萌えてる感じだしなにしてもかわいい(でれ)みたいな感じじゃない?カリさんは現役を退いて何年経ってもお年を召してすっかりおばさまになってもやっぱり麗人的オトコ。現役当時の嵌りっぷりはカリさんもまさきさんも全く同じ感じでどっぷりだったしカリさんの時は当時付き合っていたオトコに「俺と宝塚とどっちが大事なんだ」と女々しさたっぷりのセリフを吐かせた挙句「貴方です」とは即答できずに口ごもってしまい結果フラれるという甘酸っぱい思い出があるわけですが(聞いてないです)。

あの鐘を鳴らすのはあなた』は本家和田アキ子さんバリにドスの効いた声で声量たっぷりに歌い上げていていやほんとマジかっこよかったです。でもなによりもうひとりのゲスト紫ともちゃんが出るゆえこの回のチケット取ったんだけどそんな自分ほんとグッジョブ過ぎて誰も褒めてくれないから自分で全力で褒め称えたい。『夏の終わりのハーモニー』のデュエット、まず階段二人で降りてくる時点で降りづらそうなともちゃんにさっと手を差し伸べるカリさんとかなんなの。最後の段を踏み外しそうになってよろけるともちゃん抱きとめて守るカリさんはいったいともちゃんのなんなの(元相手役です)。ともちゃんもすっかり「我が君様...」的な視線送ってるしほんとなんなの(怒)ずるいわ泣くわ(怒)。歌い終わりにとうとうハグとかしやがって...公共の面前で...ほんと...ほんとありがとうございます(嗚咽しながらスライディング土下座)。

ともちゃん、「今までの相手役さんを代表して」みたいなまた健気なこと言いよるからもう。ほんと。

 

でもさ、こうして四半世紀近く経っても変わらぬコンビ感というか信頼感というか。宝塚っていいよねーと思った次第であります。そしてまさきさんとちゃぴも10年後20年後でもいいからこうしてまたふたりの組んだ姿を見たいなあとも心の底から思った次第であります。

 

24日(土)は『もうひとつの麗人』ということで1時間強のトーク&ライブだったんだけどいきなり幕開きにカリンチョとずんこさんのカーテン前トークから始まるという(準備できておらず焦りました)。まあいろいろ端折るけどカリさんの『愛の讃歌』最高でした。

23日の回では『バーモス ア バイラール』の曲紹介で「ジプシーキングスのこの曲は宝塚では杜けあきさんが初めて歌われて、以来男役さんたちがこぞって歌いたがり今に受け継がれている曲です」っていう紹介を竹下典子さんがしてくれて、24日の『愛の讃歌』もだけどあまり繋がりの見えないカリさんとまさきさんだけどでもこうして辿っていけばちゃんと縁が繋がってるんだなーと思ってほんと嬉しかった。

 

まさきさんも遠からぬ未来にこういうOGコン出るのかなーきっと最下だしお姉さまがたにごろにゃんしてて絶対かわいいんだろうなー男役からのブランク一番短いのになんなら一番女子なんだろうなーと果てしない妄想を繰り広げそうになるのでこの辺にしときますね(^-^)