読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛あればこそ

宝塚愛をこじらせたヅカヲタの戯言

実写版『美女と野獣』ライブ・オーケストラ

生ってすごい!さいこう!!!

...誤解を招くような発言、失礼しました。 

ついつい“生”が初体験だったもんで興奮してしまいました(だから...)。

いや、生オケの演奏で実写版「美女と野獣」を観るっていう、いわゆる「ライブ・オーケストラ」を初体験してきたってことが言いたかったんですほんと最初からそれを言えってことですよね(スミマセン)(でも反省はしていない by某)。

f:id:whea-t:20170503100158j:plain

美女と野獣』は昔ディズニーアニメを一度観ているはずなんだけど、私の脳内はすっかり157万回観た『バラの国の王子』に浸食されてしまっていて、ベルに姉妹もいなければ腹違いの王子もいなくて、まさきさんどこーーー???状態に陥りはしたんだけど、野獣にされた王子の宿敵、ベルを手に入れようとする悪いやつがいたので言ってしまえばまああれがまさきさんなんだろう...けどでもまさきさんはオカンにビビっててちょっと頭悪かっただけで決して悪いやつじゃなかったしだいいちもっとねっとりしていて空気読めないやつだったから!!!(※贔屓とは)

さて、今回のライブ・オーケストラ@東京国際フォーラム。映画の感想は此処彼処でみなさん書かれているので割愛するけど、生オケは本当に素晴らしかったです。オーバーチュアから冒頭数分こそはディズニーのクラシックコンサートに美女と野獣の映像が付いてきておトク!くらいにはオケの演奏に心奪われてたんだけどストーリーが進むと目の前の舞台で生で演奏してくれていることを忘れてしまうくらいには映画が素晴らしかったし、“映画を観る”というそもそもの目的を損なわない(邪魔をしない)演奏のレベルの高さに思わず宝塚オーケストラにヘッドハンティングしようかと思いました(ナゾの使命感)。

f:id:whea-t:20170503105412j:plain

そしてなんと同じ日にまさきさんも『美女と野獣』を観ていたことが判明!場所は違えど同じ日に同じものを観て同じ感動を味わっていたっていう事実だけでもうなかなかに素晴らしいわたしの人生だったなって(大げさ)。

しかしまさおちゃん「わたしのなかの、ヒロイン願望が爆発しそう💥💥💥(笑)」ってどんだけ夢見る女子なんだよいい歳しやがって...と思わずツッコみはしたものの、まああれだけ女子力高きまさおちゃんが実に10代後半から20代を超えて30代前半までその女子力を封印してきたわけだからここでヒロイン願望爆発しちゃうのも仕方ないだろうし、そう思うとまさおちゃんのベルがなかなかに似合っている気がしてミュージカル版『美女と野獣』やりませんかディズニーさん!!!(届け!)

ベルの黄色いドレス、まさきさんめっちゃ似合うに違いないと想像してみようとするんだけど脳内にはどうしても月組カラーの黄色いドレスを着て幸せそうにしている2014タカスペのちゃぴが浮かんでしまって結果その横に黄色い変わり燕尾着て優しくちゃぴを見つめる王子様なまさきさんがセットで浮かんでしまってどうしてもまさおちゃんのドレス姿が想像できないループに陥ってしまうっていうわたしのいけないところが出てしまいました...(が反省はしていない by某)。

 

映画館ならエンドロールが始まると席を立って退出する人たちがわらわらといるのが普通だと思うんだけどさすがに生オケの演奏だけあってエンドロール始まっても誰一人席を立つ人はおらず、エンドロールが終わった後もさらに一曲、そして指揮者が一度退場した後にさらにアンコールまであって、9,800円というお値段以上の素晴らしい体験ができました!

そんな余韻に浸りながらも足は東京宝塚劇場へ。みりおんのラストステージをありがたいことに客席から見せていただくことができました。この感想はまたあらためて。