読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛あればこそ

宝塚愛をこじらせたヅカヲタの戯言

ただの俺得的公演でありました ◆ 月組『ルパン −ARSÈNE LUPIN−』雑感

MOON 舞台雑感
初日開けの3連休、遠征してきました。
ルパン。正塚先生の演出だけあって舞台の色味は薄暗い感じが続きます。演出の流行にとらわれない、「ザ・マサツカワールド」。だけど、私これ好き。たぶん、観れば観るほど味が出る。スルメ。
 
これから観る方には、以下のことを事前にしておいていただけるとより良いかと。
(やっておいて欲しい順に)
 
①原作を2回読む
②2回が無理ならせめて1回は...
③え、つまんなくて読み進めない??それなら先にプログラム買ってあらすじを読む
 
ぜひともお願いします。
複数回ご観劇予定であればまだいいのですが、もしあなたがたった一回しかルパンを観ないのならば絶対にやっておいて損はさせません!
それでもキャトルも近くにないしネットショッピングなんてそんな怪しいこと金輪際するもんかてやんでぇっ!!という方は仕方ありません。
ルパンの幕が開いてプロローグいきなりアンサンブルの歌が入ります。これ「あぁ、プロローグの掴みかぁ...ええ歌声やなぁ...」なんてボーっと聞いてたらいけません。なかなか聞き取り辛いかもしれませんが、全身を耳にしてちゃんと歌詞を聴いてください。ここである程度芝居の入りまでのストーリーが歌われています。
プロローグの歌よく聴けへんかったしもう私に残された道はないの...というそこの龍真咲ファン。いいんですいいんです。最後のルパンの楽しみ方を伝授しようではありませんか。
 
この作品、実は副題がありまして(ありません)「龍真咲コスプレ歌謡ショー」なんですマジで。龍真咲をこよなく愛でるあなたなら、もうこれだけで充分です。万が一演出がサイアクだとしても、私はまさきさんのビジュアルと歌声だけで5万回?いや、7万回は通えます(そんなに公演していません)。
マットな感じのメイクにキリッと撫で付けた金髪。シルクハット黒マントですよ?!ココリコ大尉に至っては黒軍服革手袋ですよ!!!???これで終始顔もセリフも歌もただのイケメンって。ビルビル??ビルはいったいどこ行ったの?今度はサリーが探してるよーーー???...ってなくらい、くっそイケメンのくっそ硬派です。

これがもし、もしも黒髪だった日には...客席が屍の山と化していたはずです。なんとかそれは逃れましたねわかってましたねまさきさんさすがです(なにが)。
 
でもってめっちゃミュージカルですコレ。「え?最近はミュージカル作品多いじゃん。ミーマイだってそうだったでしょ?何言ってんの?あんたバカ?!」いいです、好きなように私を蔑んでください...お前が耐えた苦しみなら私も耐えてみせよう...いやルパンは違うんです。どこぞのU爺がおっしゃっていましたが、「セリフは歌うように、歌は話すように」これです。正塚先生にU爺が乗り移ったのでしょうか...生霊...こわい...
 
すみません戻ります。セリフがところどころ歌なんですよ!!長セリフはもちろん、短セリフにも不意に歌を混ぜ込んでくるので「あれ今のは歌セリフ?それともただのまさお節??」と混乱すること多々あります。お気をつけくださいませ。
 
それにしてもまさきさんの美しいお姿と麗しい歌声をこんなにも堪能できるなんて...俺は今日まで生きていて良かった!!フランス...ばん...っざいっ!!(アンドレなのかオスカルなのかはっきりしてください)
 
 
すみません、ちょっと息を整えます...
 
 
えと、ストーリーというか出演者のお話。
おいおいここはホーンテッドマンションか?!くらいにどろどろしたルパンの幕が上がるといきなりシルクハットに黒マントのまさきさんが板付きで登場します。薄暗い舞台に真っ黒な衣装つけて一生懸命抑えこんでるのかも知れないけどねまさきさん、あなたのきらきらは既にダダ漏れですよ...舞台が暗い分余計に眩しいんですよこっちは!!!(怒)そしてかっこいいです。まさきさんなのにかっこいいです。正統派かっこいいです。あまり慣れてないのでこういうのむりです。死ぬ。かっこいい。いちいちかっこいい。
 
ルブランby北翔さん。設定はルパンがルブランに事件の全貌を説明しつつ自身の伝記を記してもらう体で話が進むので、北翔さんはほぼまさきさんとしか絡みません。原作にはない役だしいいスパイスになっているのでいいはいいのですが、これがまた最初は余計にストーリーを混乱させている。え?あなた誰?ナニモノ??ここはどこ?私は誰???状態。でもさすが北翔さん、芝居も歌も安定感ったらありません。すばらしい。
 
カーラbyまなきさんね、今回イケイケですよ。好きな男は絶対落とす。落としてみせるわ(キリッ)。なちゃぴです。だってもう、ちゃぴったら(カーラです)自分からまさきさんに(ルパンです)あんなこともこんなこともしちゃうんだもん。ぎゃん。でもちゃぴはすごい。歌、またうまくなっちゃったよ...どーすんのさまさきさん。「うちのぼんくら息子んところに嫁に来てくれてホントありがとう。息子のこと見捨てないで。」な姑モードになっちゃう今日この頃。
でまぁ、最後はハッピーエンドなんだけど、まさきさん(ルパンです)(しつこい)がさ、ちゃぴ(カーラです)(さらにしつこい)にもうデレデレなワケで、もう夫婦の会話は家でやれっ!!うそですもっとやっちゃってくださいなモード全開なワケですホントごちそうさまです美味しゅうございました。もっとおかわりください。

ジェントルみやるりも、クールあごひげカチャも、黒ショーヴランコマも、夫婦漫才マギー&すーも、いいです。役が息づいてます。

次の観劇はまぁ、お茶会の時までオアズケなわけですが。焦らしぷれい。嫌いじゃない。それまでまさきさんの革手袋に想いを馳せて生き延びますね。
 
 
長くなったのでショーの感想は次で。