読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛あればこそ

宝塚愛をこじらせたヅカヲタの戯言

タカラヅカスペシャル2015-New Century, Next Dream-

年に一度のファンイベント、

普段の公演とは違ってヅカヲタだけが客席に群がるコアなお祭り。
このお祭りを心底楽しめてこそのヅカヲタだよ!!!
 

f:id:whea-t:20151221163656j:plain

 
 ってことで、まさきさん最後のタカスペ、観劇は叶わずでしたが中継へ行ってきました。12月20日(日)12:00の回。
 
 
まず冒頭のトップさんたちの衣装。
アシンメにビジューの付いたベージュゴールド系のスーツに原色カラーのシャツ。
 
まさきさんは真っ赤なシャツをこれでもかと開襟大サービスしてくれて、その開襟の奥に潜むブラックホールをごくりと唾をのみ拝もうかと思った矢先に中継組の悲しき性、カメラワークを切り替えられてハイ終了。くっそ...
 
しっかしまさきさん脚なげーな!!!
他のトップさんたちも長かろうにホントひとり異次元だな!!!
と向かって左のトップさんたちから目を転じていってまさきさんで慄いた後もいっちょ右に目を転じた時に映ったまぁさまの脚な!!!なんならまさきさんより3mmはベルト位置上だったんですけどいったい何が起こってるんでしょうか...人類の進化を今私は目の当たりにしているんでしょうか(しろめ)
あそこまで脚長いといろいろ不便だと思うわ...まず飛行機エコノミーには座れないね。まあ座らないとは思うけど。あとパンツ買う時さ、あれ裾お直し必要だね...もちろん詰めるんじゃなくて出す方ね...出す布さえなかったらもうクロップドパンツだと思って穿くしかないよね...なんかもはやかわいそうになってきた。私が詰めたパンツのあまり布分けてあげたい...いっぱいあるよ(あなたもかわいそうですね)
 
北翔さんだけパロ準備で捌けた後、轟・龍・早霧・朝夏のトーク。
しかし「轟・龍」ってなんかすごいですよね...字面が...強そう。ラスボス。できれば轟さんっていう苗字の人と結婚して生まれた子に龍ってつけたかったな。すごくね?「轟龍」っていう名前。漢字もすごいけど英字表記も「Ryu Todoroki」ってなんかよくわかんないけどかっこいい臭漂ってるし...ってまた脱線してますねスミマセン。タカスペのお話でしたね。
 
その轟さんがちぎた氏に「なんか話すことあるんでしょ?」って立ち位置をさらりとチェンジしてまさちぎ並びにしてくれて。ありがとう轟さん。理事になってもどれだけ偉くなっても私の中では可愛い下級生、トドちゃんだよ;;;
で、まさちぎトークがもう...87期バンザイ!!!的な。まあまさきさんの退団を悲しむちぎたとカラッと明るく笑い飛ばすまさきさんというテーマでのショートコントっていう愛しすぎる光景が見れたわけです。
まさきさんはあっさりと退団トークから話変えてましたけど、轟さんはじめ他組トップ方々や客席に至るまでみなさんまさきさんのラスト・タカスペを惜しんでくれている感じがほんとうにありがとう!!!やっぱりタカスペ前に発表してくれて良かった!!!ってなりました。なんか特別感あるもんね。タカスペにおける退団が決まったトップさんって。
だってもしかしてもしかしたらまさきさん以外の今のトップさんたちで今回のタカスペが最後って人がいるかもしれない。まだ発表できないだけで。来年は雪組さんは東京だから出れないわけだし。そう思うとつくづくありがたいなー。
 
そんなこんな思っていたら星組のパロディ『大海賊の博徒たち』。演出は石田先生。『大海賊』+『ガイズ&ドールズ』with『次郎吉』なのかな?イマイチ抜け感がなくてノリきれていなかったような...しかしトップ娘に猿やらしちゃいかんよ。風ちゃん可哀想。風ちゃんだけにノリノリで「ウッキー」してたけど。
 
パロ順で次は宙組『王家に捧ぐ校歌』。中村B先生。こっちはおもしろいwwww いきなり黒縁メガネかけて学ランなのに肩口にラダメスの甲冑着て「らだめす」の名札つけて学生鞄胸に抱えておどおどしてるまぁさまwwww エチオピア高校のアイーダちゃんとの逢瀬をいろんなキャラに邪魔されて挙句の果てに勇気を振り絞ってアイーダに渡した石板に象形文字で書いたクソ重たいラブレターを「なんて書いてあるかわからへん」言われて投げ捨てられる始末なまぁさま気の毒過ぎて萌えるし「お父様は鳩持って頭おかしなるし!」みたいな関西弁で毒づくみりおんめっちゃかわいかった。
 
雪組『いちご白書の三日月藩』これまた石田先生。てかこれ演出の力ではなく演者の力だよねおもしろいのwwww冒頭からサラリーマン風七三分けで黒縁メガネかけて腕カバーしてグレーのよれよれスーツに裃の肩衣かけて胡坐かいて背中まるめて不貞腐れながら缶コーヒーちびちび飲んでるちぎた。「陸奥...今は青森っていうの?に蟄居されてもう300年...」とかちょっと東北なまり入れて喋り出すちぎた。あれだけの美形なのにここまで全力で笑いを取りにいくちぎたほんとだいすきですwwwwww アル・カポネで泉に足桶で足洗ってもらって「ごちそう...」言ってる望海さんも大概だし泉の蟄居コールもほんと笑えた。宙とどっちがおもしろかっただろう...うーん、僅差。
 
で、我らが月組『2015-竜宮城の恋人たち-』。稲葉先生。まあわかってたけどね。期待を裏切らないまさきさんやっぱりだいすきです。亀。亀だよ。弱っちく瀕死になって1789のルイシャルルばりに車椅子登場して「歩き方を教えてくれたんだ...(よろ)」とかそっからの亀ヅラ脱ぎ捨ててオラオラになるのももうひとりの亀にどえす根性丸出しで「ほら、段ボールが好きって言ってごらん?」みたいなのとかもう痺れたしやりたい放題でかわいかったよ亀。「これが龍真咲の集大成だと思われたら」とか言いながら満更でもないまさきさんほんとまさきさんでだいすきだし要所要所で締めにかかるちゃぴは相変わらず仕事上手だったし。まあパロの面白さで言ったら...宙と雪には負けるかな。昨年の『明日へのME AND MY GIRL』がはっちゃけ過ぎてたからねwwww
 
最後に専科もパロを。轟・華形・星条・沙央で『琵琶法師のオイディプス王』これまた石田先生。どうやら専科は3分しか時間がないようで、宝塚の名作を数十秒で語るってのをやってたけどトドちゃんが『オイディプス王』を40秒?50秒だっけ?で語った後『ベルサイユのばら』『風と共に去りぬ』をこれまた誰だっけ?が数十秒で語った後に『恋のチェッカーフラッグ』を振られて「ワタシ、ニホンゴ、ワカリマセーン」なマギーさんw ってか『恋のチェッカーフラッグ』は石田先生のバウデビュー作ですなwwww 自虐ネタをさらりと盛り込んでくる石田先生さすがです。
 
 
今回は最近流行りの“客席参加型”で、途中4トップが振付を指導してくれたり、本番では梅芸の2階3階席まで下級生が降り立ちフリを一緒にやってくれてて。1階前方にはもちろんまさきさん他トップ陣が陣取って客席にタッチしたりマイク向けたりしながら楽しそうに踊ってる......様子をスクリーンで見ているこっちの置いてかれた感...ぐすん。
でもこのときもほんとちぎたが全力。「お客様!」「一体感が生まれてます!」「はいご一緒に!」とか始終掛け声。そんなちぎたを横目ににこにこしながら楽しそうに歌って踊ってるだけのまさきさん。ほんと87期自由だわ。
 
歌はまさちゃぴ寄りになるけど、まずまさちゃぴとちぎみゆの『愛と青春の旅立ち』。合ってるよね?ちぎみゆも後から合流したよね?プログラム所持していないのでうろ覚えなんです...。なんかもうまさちゃぴぃぃぃぃいいいいっ!!!な感じで幸せでした。そんな愛おしそうに見つめ合わんでも...いやもっとやってください(土下座)的な。その後またちぎみゆと一緒に『エメ』も歌ってくれたけどやっぱりまさちゃぴだよ。まさちゃぴのハモリが好きだよ私。まさきさんの迷いのないバリトンボイスに重なる主張し過ぎない綺麗なちゃぴの歌声。ほんとに綺麗なハーモニーで思わず目を瞑ってしまうのをどうにかせねばなりませんな。
コンビシャッフルではまずまぁさまとちゃぴが『私が踊る時』。まぁさまはもちろんだけどちゃぴホント素晴らしかった!!!タカスペ衣装なのにそこにいるのはまさしくシシィだったよ!!!もうね、顔が、表情が入ってるの。タカスペのたった数回の歌唱なのに。ほんとすごいわちゃぴ...
で、今度はまさきさんとみりおんで『Home』。まさきさんがエリック歌ってくれた!!!まさちゃぴで『ファントム』観たい願望があったので嬉しかった。歌うまみりおんと相性もぴったりで聞き惚れたよ...まさきさんのエリック観たかったな...どう見ても劇場の地下というより超高級ホテルのペントハウスに住んでシャンパン飲んでそうだけど。でもこの歌高低差激しいからきっとすごく難しいんだよね...この人たち踊りながら軽ーく歌ってたけど相当な難曲なんだよね。すごいわ...
 
視聴者リクエストでトップ陣が歌い継ぐ曲。北翔さんは『JUMP!』、まぁ様は『世界に求む』、ちぎたが『ルパン三世』をノリノリに歌った後にまさきさんの『僕こそミュージック』。ついさっきまでノリノリだった客席がイントロが流れてまさきさんが歌いだした途端シン...と静まり返った。もうそこからは...こっちはスクリーン越しに聴いてるんだけどもう。お茶会でまさきさん言ってたように“朗々と”歌い上げていて...しかも歌詞がなんかこう、まさきさんと重なって。
 
見かけどおりの奴だよこの僕 ありのままなんだ
このままの僕を愛して欲しい
 
礼儀知らず 無礼者と言われても 訳もなく叫びたくなる
退屈ぶっとばす 爆発しそうなんだ
自由と輝き求め歩もう どこまでも行く先は知らない
 
僕こそミュージック

 

これもうただのまさきさんでしょ...って思いながら聴いてたらなんかここ数日のいろんな出来事が思い起こされて思わず涙してしまったです... 

もうまさきさんのオーラが始終すごくて、これが退団オーラなのか、贔屓の退団オーラなのかと思いつつスクリーン越しなれどそんなまさきさんの姿を眩しくも誇らしく見ていました。

 

 

『僕こそミュージック』の歌詞もですが、まさきさんの会見のファンへの言葉

わがままで自由奔放であまりタカラジェンヌらしくない私のいいところを少しでも見つけていただいて 興味を持っていただいて 応援してくれる貴重なみなさまーーー

 

この言葉を意外と感じる方が多いようですが、やっぱり外からはまさきさんの本質は見えてないんですね...私たちファンからしたらこれがまさきさんです。虚勢を張って羽根を大きく広げる孔雀のように強く見せてはいるけれど、本当はガラスのハート。自分の欠点をちゃんとわかっていてマイノリティであることもわかっていて、でも自分のやりたいことにブレはなくてこうと決めた道はただ前を見て突き進む。そしてそんな自分についてきてくれるファンを心から大切にする。『ルパン』だったか...『宝塚をどり』だったかな、のお茶会でも「400人もいる魅力的なタカラジェンヌの中からこんな私を選んでくれたみなさんのことがとても大事です」と言ってくれました。

 

そんなまさきさんを私たちはちゃんとわかっています。だから

 

ありのままのまさきさんを愛していきます。

これからもずっと。